子ども食堂55とは?

| 子ども食堂55とは?

子ども食堂55は、三重県四日市にあります。
家庭の事情により、毎日お腹いっぱい食事が取れない子どもや、
1人で食事をとらなければならない子どもが、気軽に来ることのできる食堂です。

子ども食堂に来た全ての方が、
「ここに来たら、みんなとごはん食べられる」
「子育ての悩みや、将来の不安などを相談できる人が見つかった。」
など、ささいなことでもプラスの力になればと願っております。

日々の生活や経済的な悩みなど、簡単に解決できることではないかもしれません。
私たちが力になれることなんて、たいしたことではないかもしれません。
ですが、来てくれた方の、心の休憩場所になればいいな、と感じながら、サポーター一同お待ちしています!
また、地域のコミュニティカフェとして、長く、広く続けていきたいと思っています。

 

| 日本の貧困の状況

●現在の日本の子どもを取り巻く環境について

主にアジアやアフリカなどの途上国に多いく、十分な食料を確保できなかったり、不衛生な環境や、適切な医療機関にかかれない絶対的貧困に対し 今の日本はその人が暮らしている社会の普通の生活水準と比較して下回っている状態のこと。今日食べる物も寝る所も無い状況とまではいかないですが、社会の標準的な所得の半分以下しかなく、「周りの人は当たり前にできている生活が、お金がない為にできない」状態の相対的貧困の人が増加しています。

さらに母子世帯においては、66%が貧困となっており、地域のつながりの希薄化や離婚・核家族化等による支え合いの減少が貧困に強く結びついていることや、ひとり親家庭等に対しての社会保障が十分に追いついていない現状です。